スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオスレイヴ『アウト・オブ・エグザイル』レビュー



前作に比べかなりポップになった印象。

より4人のバンドとしての結束が強まったのか
サウンドのまとまりが強く感じられる。

また、ポップ感が増したことで新たなファン層を開拓できそうな予感もする。

トム・モレロ節爆発のヘヴィなギターリフが印象的な
①「ユア・タイム・ハズ・カム 」

ベテランの渋みを感じるタイトルトラック
②「アウト・オブ・エグザイル」

名曲「ライク・ア・ストーン」にも劣らない出色の出来映えナンバー
③「ビー・ユアセルフ」

思わず拳を握り込んでしまうぐらい力の入ったロックナンバー
⑧「マン・オア・アニマル」

バンドのレベルの高い創作力を改めて見せ付けられた。

クリス・コーネルの新たな一面を垣間見れる力作だ。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。