スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリー・ジョエル『ストレンジャー』レビュー



彼の5枚目のアルバム。
ダイヤモンド・ディスクを獲得する大ヒット作となった。

日本人にはお馴染みの稀代の名表題曲②「ストレンジャー」を中心として
とにかく珠玉の名曲がオンパレードの作品。

妻への愛を高らかに歌い上げた大名曲
③「素顔のままで」

7分を超える大作ながら、ドラマチックな展開で飽きさせない意欲的なナンバー
④「イタリアンレストランで」

印象的なピアノの旋律と美しいメロディに酔える隠れた名曲
⑤「ウィーン」

「ストレンジャー」のB面にあたるグルーヴィーなポップロックナンバー
⑧「最初が肝心」

アプローチとしてはロックとポップスの良い所が
心憎いばかりに絶妙にブレンドされており
ともすれば一本調子になりがちな
シンガーソングライターの作品に彩りを添えている。

一生楽しめる傑作。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。