スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デヴィッド・ボウイ『世界を売った男』レビュー



デヴィットボウイの3rd。

派手さは無いが、ポップで聴きやすくメロの良さも際立つ良質の作品。

また、アルバム全体に独特の緊張感が漂っていて
彼の初期衝動がひしひしと感じられる。

グラムロックを形作る以前から
抜群のセンスと実力があったことを見事に証明している。

タイトルトラックの「世界を売った男」は超名曲。
この曲はニルヴァーナのカート・コバーンが
MTVアンプラグドでカヴァーしたことでも有名。

初期の傑作。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。