スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルヴェット・リヴォルバー『コントラバンド』レビュー



元ガンズの、スラッシュ、ダフ・マッケイガン、マット・ソーラムに加え
ヴォーカルにストテンのスコット・ウェイランドを据えた豪華メンバーによるロックバンド。

サウンドはきわめて良質のハードロックで、理屈抜きにカッコイイ。

ロックの「ワルさ」や「危なさ」がこれでもかってほど表現されている。

スコットの歌は相変わらず超パワフル。
いや、むしろストテン時代よりも生き生きしているようにさえ見えるぐらいだ。

もともと彼の声はハードロックやバットボーイズR&R系なので、
こういうサウンドに違和感なくハマるのだろう。

マットとダフのリズム隊はガンズ時代と変わらず強固で
キッチリとバンドのボトムを支えている。

スラッシュのギターも絶好調。

個人的にはニルヴァーナ初期の名曲「ネガティヴ・クリープ」のカヴァーが最高に好き。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。