スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルノ・フォー・パイロス『ポルノ・フォー・パイロス』レビュー



ジェーンズ・アディクションのヴォーカリストであるペリー・ファレルが結成したバンド。

本作は93年発表のデビュー盤だ。

かの有名なロラパルーザを主催し、ジェーンズではその奇才っぷりを遺憾なく発揮した
90年代を代表する名(迷?)フロントマンであるペリー。

そんな彼が作ったバンドなんだから一筋縄でいくわけがない(笑)

ジェーンズでの方法論を踏襲しつつも、新しい世界観を確立した。
ゴシックの要素が色濃くどこかミステリアスな作風はジェーンズでは見られなかった。

ペリーの絶叫(発狂?)もかつてないほどの暴れっぷり。

でも⑥「ペッツ」のような名曲もあったりして、本作は彼にとって
過去最高のセールスを記録した。

時代の波に埋もれさせるにはあまりに惜しいバンド。

是非一度聴いてみて欲しい。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。