スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『アイム・ウィズ・ユー』レビュー



待望のレッチリの最新作。

奴等が帰ってきた!
いや素晴らしい、実に素晴らしい!

こういう凄い作品に出会えるからロックを聴くのはやめられないんだな。

正直に言うと最初に聴いた印象はそれ程でもなかったのだよ。
確かにレッチリらしいハイクオリティな作品なのは十分理解できたのだが
過去の作品にある”煌き”のようなものが最初は感じられなかった。

だけど、やっぱレッチリだね。
聴けば聴く程、本作の世界観にずぶずぶハマっている自分がいた。
気付いたら、ほとんど毎日聴くようになってしまった(笑)。

新加入のギタリスト、ジョッシュ・クリングホッファーもイイ感じ。

楽曲の水準も当然凄いよ。

ダイナミックなロックサウンドは傑作の幕開けに相応しい
①「モナーキー・オブ・ローゼズ」

フリーの力強く印象的なベースフレーズが素晴らしい
②「ファクトリー・オブ・フェイス」

美しい旋律が胸をうつ近年のレッチリに顕著な大人なナンバー
⑤「アニー・ウォンツ・ア・ベイビー」

最強の手拍子ソング再び!レッチリらしいグルーヴ感がたまらない名曲
冒頭の「ダドッ!」というスネアとキックを一発打つだけの単純なフレーズだけで
リスナーを魅了できるドラマーなんてチャドだけだろうな。
⑥「ルック・アラウンド」

ジョシュのギターが印象的なナンバー。曲中に登場するカウベルも個人的にはツボ。
⑦「レイン・ダンス・マギーの冒険」

最強にロックしてるナンバー、バンドの一体感が本当に凄い。
特にチャドのドラムプレイがマジでハンパないグルーヴを出している。
個人的には本作随一の曲だと思う。ライヴで是非聴いてみたい!
⑨「グッバイ・フーレイ」

美しいメロディとバンドアンサンブルが感動的な
⑪「ポリス・ステーション」

アンソニーの陽気なヴォーカルがいい味を出している。
また、曲後半の間奏でのフリーとチャドのグルーヴが最高にカッコイイ。
⑭「ダンス、ダンス、ダンス」

ジョン・フルシアンテが抜けても奴等は凄い!
2011年の最高傑作!

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。