スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ『レット・イット・ビー』レビュー



70年発表の13作目。

『アビイ・ロード』より前に録音された所謂”ゲット・バック・セッション”での
楽曲をフィル・スペクターがまとめなおした作品。

従って、ビートルズの4人にとって納得の作品とはいえず
リリースの順序が『アビイ・ロード』より後というだけで
彼らのキャリアは前作で有終の美を飾ったとみるべきだろう。

しかしながら、楽曲は非常に粒ぞろいだ。

ポールらしいポップセンスと明るい雰囲気に満ち溢れた名曲
①「トゥ・オブ・アス」

ジョンによる味のあるブルースソング
②「ディグ・ア・ポニー」

ジョンの残した史上最高の名曲のひとつ。
どこか妖艶で切ないメロディと不思議なグルーヴは彼にしか出せない。
③「アクロス・ザ・ユニバース」

ジョージのギターが最高にカッコイイ
④「アイ・ミー・マイン」

ジョンがふざけてディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」を
歌うのが面白いジャムセッション
⑤「ディグ・イット」

ポールが残した史上最高の名曲のひとつ。
ポールのソングライティングセンスの高さを改めて証明した大名曲。
時が過ぎても永遠に語り継がれるであろう素晴らしい歌だ。
ビートルズのラストシングルとしても有名。
⑥「レット・イット・ビー」

リバプールの民謡のカヴァー
⑦「マギー・メイ」

ジョンとポールの本当の意味で共作曲。
歌詞とメロディはジョン作でサビメロがポール作。
実にパワフルでかっこいいロックンロールナンバーに仕上がっている。
⑧「アイヴ・ガッタ・フィーリング」

こちらもクールなロックグルーヴとギターが最高にかっこいいナンバー
⑨「ワン・アフター・909」

ポールの残した史上最高の名曲のひとつ。
彼らしい切なく美しいメロディが素晴らしい。
オーケストラアレンジも曲を盛り上げる効果を発揮した。
不世出の名曲だ。
⑩「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」

ジョージ作のフォーキーなブルースナンバー。
彼ならでは最高渋いギタープレイがGOOD!
⑪「フォー・ユー・ブルー」

ポールによるロックグルーヴ満点のナンバー。
駆け回るようなビート感がたまらない。
⑫「ゲット・バック」

こうして見てみると楽曲の多くがブルースやフォークなど
ロック色の強い初期を思わせるナンバーが中心であることがわかる。

ある種”原点回帰”的な作品なのかもしれない。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

唐突にすみません

q85e7Dm3
お金に困ってませんか?
どうしても紹介したいものがあるんです。
嘘みたいなホントの話。
ここ、マジで稼げちゃうんですよね…
http://www.google.com.br/search?q=%0A+%0D+%09%0A%09++%20%0A%20%0A%20%20%0A%0D%0A%0D%20%09site:%0A%0D%0D%0A%EF%BD%87%0D%0D%EF%BD%81%0D%EF%BD%8C%EF%BC%8D%0D%09%0A%0D%EF%BD%81%0D%09%09%0A%EF%BD%98%EF%BD%99%EF%BC%8E%EF%BD%8E%09%EF%BD%85%EF%BD%94%0D%09%09
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。