スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ『ビートルズ(ホワイトアルバム)』レビュー



68年発表のビートルズの10作目。

フォーク、ジャズ、ブルース、レゲエなど様々な音楽的要素がカオスのように
混沌とした世界観を醸し出す彼らのキャリアの中でも異彩を放つ2枚組超大作。

楽曲も前作を遥かに凌ぐバラエティの豊かさだ。

アルバムの冒頭を飾るポール作の激烈ロックナンバー。
キレのあるギタープレイが文句なしにカッコイイ!
①「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」(ディスク1)

レゲエ調の陽気なナンバー
④「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」(ディスク1)

ジョージの残した史上最高の名曲のひとつ。渋いギタープレイが素晴らしい。
⑦「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」(ディスク1)

意味深な歌詞が印象的なジョン作のナンバー
⑧「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」(ディスク1)

ポールらしい美しいメロディのナンバー、「マーサ」は彼の愛犬らしい。
⑨「マーサ・マイ・ディア」(ディスク1)

こちらもポールらしい癒されるような綺麗なメロディが印象的。名曲だ。
⑪「ブラックバード」(ディスク1)

はじめてリンゴが作り歌った曲、彼らしい暢気な雰囲気が味があっていい。
⑭「ドント・パス・ミー・バイ」(ディスク1)

ポールが後の妻リンダへの愛を歌った曲のひとつ。くすぐったくなるような
愛らしい空気感がたまらない。
⑯「アイ・ウィル」(ディスク1)

こちらはジョンが後の妻オノ・ヨーコへの愛を歌った曲。ポールのそれと違い
どこか陰鬱な雰囲気になるところが彼らしい。
⑰「ジュリア」(ディスク1)

クールなギターリフやリンゴのドラムソロなど演奏陣の活躍が際立つ
①「バースデイ」(ディスク2)

ポールの残した史上最高の名曲のひとつ。アコースティックな演奏が
よりメロディの美しさを際立たせている。
③「マザー・ネイチャーズ・サン」(ディスク2)

ジョンによる強烈なロックンロールナンバー
④「エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド
エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー」(ディスク2)

ポールによる強烈なロックンロールナンバー、この曲は
「史上初のヘヴィメタル」とも呼ばれ、エアロスミス、U2など多くの
一流ミュージシャン達がカヴァーしていることでも有名。
個人的にもビートルズ史上最もカッコイイ曲だと思う。
⑥「ヘルター・スケルター」(ディスク2)

スローなロックグルーヴが独特な雰囲気を醸し出す
(個人的にはアップテンポヴァージョンの方が好きだが)
⑧「レヴォリューション1」(ディスク2)

アルバムのラストを飾るに相応しい壮大な1曲。
リンゴのヴォーカルが実に荘厳で素晴らしい。
オーケストラアレンジも功を奏した。
⑬「グッド・ナイト」(ディスク2)

圧倒的な楽曲の量と次々に表情を変える展開が凄い。
本当に”濃い”作品に仕上がっている。

本作を後期ビートルズの名作とするか迷作とするかは意見が分かれるところだろう。
もちろん、私は前者だが。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。