スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』レビュー



67年にリリースされたビートルズの8作目。

アルバム全体を”サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”という
架空のバンドのライブに見立てたコンセプトアルバムとして非常に有名な作品。

そのため、構成も曲ごとに連続性があるのが特徴だ。

アルバムの冒頭を飾るに相応しい華やかなタイトルトラック
①「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

リンゴのヴォーカルが珍しくシャープな印象の
②「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」

美しい厚みのあるハーモニーが素晴らしい名曲
③「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」

前向きな歌詞が印象的なポール作のナンバー
④「ゲッティング・ベター」

こちらはメッセージ性の強い歌詞が印象的なポール作のナンバー
⑤「フィクシング・ア・ホール」

ポールの悲しげなヴォーカルが胸をうつ
⑥「シーズ・リーヴィング・ホーム」

ポールらしい真っ直ぐなラブソング
⑨「ホエン・アイム・シックスティー・フォー」

ポールが取り締まりを受けた時の婦人警官に対する皮肉を歌った
⑩「ラヴリー・リタ」

美しいメロディパートから激しい場面転換を見せるラストを飾るに相応しい
ドラマチックなナンバー
⑬「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」

彼らの旺盛な実験精神によりビートルズ史上屈指の
サイケデリックなグルーヴに溢れた名盤が誕生した。

★★★★★

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。