スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ『ハード・デイズ・ナイト』レビュー



64年発表のビートルズの3作目。
アルバムタイトル『ハード・デイズ・ナイト』と同じ名前の映画のサントラを
兼ねた本作は初めてオリジナル曲のみで構成された初期の代表作。

言わずもがなの名タイトルトラック
①「ハード・デイズ・ナイト」

流麗なギタープレイが印象的な
②「恋する二人」

ジョンとポールのコーラスワークが秀逸な
③「恋におちたら」

初期のビートルズらしいシンプルなロックナンバー
⑥「テル・ミー・ホワイ」

ポールの情熱的な唄がソウルフルな
⑦「キャント・バイ・ミー・ラヴ」

ジョンの父との再会からインスピレーションを受けて書かれた名曲
⑬「アイル・ビー・バック」

ポップなコーラスワークと力強い演奏が全編に亘って繰り広げられる
前作で確立された初期のスタイルを更に深化させた名作だ。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。