スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インキュバス『S.C.I.E.N.C.E.』レビュー



97年発表のセカンド(メジャーシーンにおいてはデビュー作)。

次回作では洗練されたサウンドを見せる彼らだが
本作では若いバンドのエネルギーを炸裂させた超絶ミクスチャーを披露している。

とにかく”攻める”アプローチが凄い。

アレックスの強烈なベースソロに圧倒される
①「リディファイン」

ダイナミックなロックサウンドで直球勝負した
②「ヴィタミン」

ブランドンのパーカションとマイクのギターリフが印象的なキラーチューン
③「ニュー・スキン」

ファンキーでグルーヴィーなリズム隊が印象的な
⑤「グラス」

バンドの一体感が伝わる強力ミクスチャーナンバー
⑦「ア・サーテン・シェード・オブ・グリーン」

ストレートなノリが超カッコイイ
⑧「フェイヴァリット・シングス」

マイクのユニークなリフに落ち着いたバンドグルーヴが心地いい
⑨「サマー・ロマンス」

正に彼らの真骨頂とも言えるバラエティに富んだ展開の爆裂ミクスチャーナンバー
⑪「ディープ・インサイド」

勢いに任せた性急なアプローチも多く、一歩間違えば
単にハチャメチャな作品になっていたかもしれない。

ただ、そこはやはりインキュバス。
その辺の二流ミクスチャーバンドとは格が違う。

高い演奏テクニックとブランドンの安定した歌唱力により
非常にハイクオリティな作品に仕上がっている。

是非聴いていただきたい傑作だ。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。