スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリップノット『スリップノット』レビュー



今やヘヴィロック界のモンスターバンドとなったスリップノットのデビュー作。

圧倒的存在感とカオス、狂気。
これらが渾然一体となって聴く者に襲い掛かってくる。

コリィのヴォーカルスタイルはデスヴォイスとメロディを
きっちり歌い分け、実に表情豊か。

演奏陣のテクニックも相当のもの。
特にドラマーのジョーイ・ジョーディソンの驚異的なテクニックには舌を巻く。
圧倒的手数とツーバステクニック、確かなタイム感とドラミングセンス。
本当に素晴らしいドラマーだ。

こういったパフォーマンス面でのレベルの高さが
彼らが単なる色物バンドで終わらなかった要因だろう。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。