スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイーン『カインド・オブ・マジック』レビュー



後期クイーンの最高傑作。

収録曲の関係上、映画『ハイランダー』のサウンドトラックという側面もある作品だが
『フラッシュ・ゴードン』のような純然たるサウンドトラックではなく
あくまでオリジナルアルバムとしてリリースされた。

後期クイーンを代表するハードなロックナンバー
①「ワン・ヴィジョン」

感動的なフレディのヴォーカルが聴けるタイトルトラック
②「カインド・オブ・マジック」

力強く友との絆を歌った名曲
⑤「心の絆」

壮大な世界観に引き込まれる
⑥「リヴ・フォーエヴァー」

冒頭のブライアン・メイのギターが強烈な
⑦「ギミ・ザ・プライズ」

重厚なコーラスと迫力のバンドアンサンブルがクールな
⑨「プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース」

充実したメロディ、フレディの歌唱力、そして、歌心のあるバンドの演奏。
クイーンの良さが全て発揮された力作。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。