スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームズ・ブラウン『Love Power Peace Live At The Olympia Paris 1971』レビュー



JBのライブ作品の中でも最高のパフォーマンス。

とにかくこのアルバムはギターが素晴らしい。
ファンク界最強のベーシスト、ブーツィーコリンズの兄貴
フェルプス”キャットフィッシュ”コリンズのプレイが最高にファンキー。

特に③「Aint It Funky Now」 で見せるギターソロは本当にカッコイイ。

腰が自然に動く。
座って聴いていることなど許さない超絶ファンキーグルーヴの嵐。

ジャボのドラムも超タイトでイイ。

JB閣下は気持ち良さそうに呪文を唱えてる。

ドライブ中なんかに聴くと運転に集中できなくなるから要注意(実際に事故りかけた)

間違いなく世界最高のライヴ盤のひとつだ。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。