スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・マッカートニー『タッグ・オブ・ウォー』レビュー



ポール・マッカートニーの82年発表のソロ作。

ポールのソロの中では名作「バンド・オン・ザ・ラン」に並ぶ最高の出来映えだと思う。

とりわけ、大ヒットしたスティービー・ワンダーとのデュエット曲
⑫「エボニー・アンド・アイボリー」は双方の持ち味が良く発揮された大名曲。

作品全体としてもポップでキャッチーな曲調を中心とした楽曲群は
いい時の”ポールらしさ”が出ており、完成度が高い。

80’sロックを代表する傑作。

★★★★★


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。