スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『カリフォルニケイション』レビュー



薬物中毒を克服し、復帰したジョン・フルシアンテを迎えた意欲作。

発売当初「大人なレッチリ」と言われた本作は
従来までの「ハチャメチャなファンクさ」を抑え”いい歌””いい曲”で
攻める現在のスタイルを確立した重要作である。

ジョンを加えたベストメンバーで臨むバンドの気合いが伝わる
①「アラウンド・ザ・ワールド」

チャドの16ビートを土台にバンドアンサンブルが絡む
②「パラレル・ユニヴァース」

力の抜けたアンソニーのヴォーカルが心地いい名曲
③「スカー・ティッシュ」

正に「大人なレッチリ」を体現した美しいナンバー
④「アザーサイド」

「フリーのベース万歳!」と叫びたくなるレッチリ節爆発のファンキーチューン
⑤「ゲット・オン・トップ」

チャドのグレースノートがあまりにも美しい、感動的なタイトルトラック
⑥「カリフォルニケイション」

4人全員が渾然一体となった
⑦「イージリー」

スローなグルーヴにアンソニーの気だるい歌が絡むレッチリ流子守唄
⑧「ポースリン」

フリーのベースとチャドの落ち着いたリズムとダイナミックなサビのドラムが秀逸な
⑨「イミット・レマス」

ファンキーなベースにサイケデリックなビートとギターが絡む
⑩「アイ・ライク・ダート」

アンソニーの伸びやかなヴォーカルに美しいバンドのグルーヴが映える
⑪「ディス・ヴェルヴェット・グローヴ」

壮大な世界観が表現された
⑫「セイヴィアー」

ジョンのギターが印象的な
⑬「パープル・ステイン」

短い時間にファンクネスと落ち着いたグルーヴを凝縮した
レッチリらしさがよく表れたナンバー
⑭「ライト・オン・タイム」

アンソニーの哀愁溢れる歌いぶりがジーンとくる
⑮「ロード・トリッピン」

キャッチーなメロが印象的な隠れた名曲
⑯「ゴング・リ」

「捨て曲なし」というとありきたりだが。正にそういうアルバムだ。

★★★★★


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。