スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『フリーキー・スタイリー』レビュー



あのファンク界のドン、ジョージ・クリントンのプロデュースによる2nd。

名曲①「ジャングル・マン」をはじめ、超ファンキーな曲が満載。

ただ、相変わらず音質が悪いし、アンソニーのヴォーカルもまだまだ未熟。

演奏に関しても、当然個々のメンバーの技術面では何の文句もないのだが
アンサンブルとしてはイマイチまとまりに欠ける。

しかし、前作からの成長は十分に感じられ
バンドのレベルが確実に上がっていることが実感できる点は興味深い。

★★★☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。