スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリック・クラプトン『スローハンド』レビュー



クラプトンの77年発表のソロ作品。

伝家の宝刀であるいぶし銀のギタープレイが聴けるのはもちろんだが
この作品の素晴らしいところは彼のヴォーカリストとしての
魅力が溢れているところにある。

独特の旨味のある歌声はとても心地いい。

また、①「コカイン」②「ワンダフル・トゥナイト」という
不世出の名曲を生み出した作品であることも忘れることはできない。

私にとってクリームの『カラフル・クリーム』
デレク・アンド・ドミノスの『いとしのレイラ』に
本作を加えた3枚はクラプトンの3大傑作。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。