スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマッシング・パンプキンズ『メロンコリーそして終わりのない悲しみ』レビュー



2枚組の超大作としてリリースされたスマパンの意欲作。

圧倒的なボリュームとドラマチックに展開する楽曲は
まるで、スペクタクル巨編の大作映画でも見ているような充実感がある。

冒険の始まりを予感させるような壮大なイントロが印象的な
②「トゥナイト,トゥナイト」(ディスク1)

スマパンの真骨頂のヘヴィでノイジーなナンバー
③「ジェリーベリー」(ディスク1)

シングルカットもされたハードでシンプルなロックナンバー
④「ゼロ」(ディスク1)

スマパンを代表する大傑作曲
⑥「バレット・ウィズ・バタフライ・ウィングス」(ディスク1)

ヘヴィなギターリフがカッコイイ
①「ホェア・ボーイズ・フィアー・トゥ・トレッド」(ディスク2)

美しいメロディが印象的な
③「サーティ・スリー」(ディスク2)

シンプルなビートと心を掴むメロディが胸にしみる名曲
⑤「1979」(ディスク2)

とにかく濃い内容。

バンドの全盛期のパワーが感じられる力作。

★★★★★


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。