スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニルヴァーナ『ブリーチ』レビュー



彼らの1st。
サウンド的にはインディーズ的未熟さが目立つし
チャド・チャニングのドラムはデイヴと比較するとあまりにも技量不足。

曲も前衛的なものが多い。

だが、大物の片鱗は随所に感じられる。

③「アバウト・ア・ガール」ではカートのソングライティングセンスが光っているし
⑦「ネガティヴ・クリープ」の緊張感のあるヘヴィネスは秀逸。

若いバンドの勢いと嵐の前夜のような何かが起こる”予感”を感じさせる作品。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。