スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベック・ボガート&アピス『ベック・ボガート&アピス』レビュー



ズバ抜けたテクニックを持つ3人のアンサンブルに思わず聴き入ってしまった。

ジェフ・ベックのギタープレイはもちろんのこと
ティム・ボガードとカーマイン・アピスのリズム隊には脱帽。

バンドマンにとってはお手本なるようなプレイぶり。
1度でいいから生演奏を聴いてみたかった。

それにしても本当にカーマイン・アピスのドラムは凄い。

圧倒的なテクニックと目の覚めるような手数を随所に織り交ぜながら
この猛者揃いのメンバーぐいぐい引っ張る力強いビートを叩き出す。

とりわけ、②「LADY」で見せる、ライドシンバルを中心とした
ユニークなビートが凄い。

この曲ではライドだけではなく、ハイハットーオープンやクラッシュシンバルの
強弱をつけた叩き方、更にはタムとキックを用いたロック定番のパワフルなフィル等
5分半の曲の中に彼のロックドラムの真髄が実によく現れている。

彼は間違いなく世界最高のロックドラマーの1人に数えられるだろう。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。