スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フー・ファイターズ『ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ』レビュー



3rdアルバムにして個人的には彼らの最高傑作。

ロックのダイナミクスに加え、普遍的な名曲も
盛り込まれた本作のバランス感覚は正に絶妙。

ニルヴァーナを彷彿させるグランジ風の曲
①「スタックド・アクターズ」

アップテンポとキャッチーなロックサウンドでぐいぐい引っ張る
②「ブレイクアウト」

JALのCMにも使われた大名曲
③「ラーン・トゥ・フライ」

ドラムパターンが最高にクールなロックナンバー
⑤「ジェネレーター」

幻想的な雰囲気が美しい
⑥「オーロラ」

気持ちが前向きになれる素晴らしい曲
⑧「ネクスト・イヤー」

テイラーのドラミングのセンスが光るポップロックナンバー
⑨「ヘッドワイヤーズ」

ドラマーにテイラー・ホーキンスを迎えたことで
デイヴの負担が軽減され創作の質が向上したのだろう。

実にのびのびとした彼のパフォーマンスが全開になっているのが感じとれる。

また、テイラーのパワフルなドラミングはデイヴのそれに
かなり近いものがあり、お互いのフィーリングの合致や信頼感
はたまた、バンド全体の結束につながっている。

ただただ素晴らしい大傑作。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。