スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE MAD CAPSULE MARKETS『CiSTm K0nFLiqT』レビュー



2004年発表のアルバム、活動休止前の最終作品にあたる。
個人的にはマッドの最高傑作だと思う。

マッド流デジタルとロックの融合は本作で頂点を極めた。

デジロックを基調としながらも、生々しいロックの迫力も十分伝わってくる。
ギターリフはより鋭さをを増し、宮上のドラミングも超タイト。

さらに、彼ら特有の煽られるような緊張感が本作では
かつてない爆発力を見せつけている。

特に⑤「W. O. R. L. D 」はデジタルな美旋律と
ヘヴィミクスチャーが合体した名曲。

是非、彼らの活動再開を期待したい。

★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。