スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンスラックス『ストンプ442』レビュー



初期のスラッシュメタル路線をかなぐり捨て
良質なヘヴィロックを奏でた力作。

アンスラックスはスラッシュメタル時代よりも
こういう重厚なヘヴィロックの方がハマッている。

本作は時代の空気をしっかり映した、云わば”流行りモノ”
を多く取り入れているが、楽曲自体のレベルが高いために
後追い感や迎合した感はない。
そこは流石アンスラックスだ。

フックの効いたリフやパワフルなヴォーカルが
凄まじくグルーヴィ。

彼らの作品の中ではあまり人気作ではないようだが
是非チェックして欲しい作品。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。