スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオスレイヴ『オーディオスレイヴ』レビュー



元サウンドガーデンの名ヴォーカリスト、クリス・コーネルと
レイジの演奏陣が結成したバンドのデビュー作。

レイジの熱狂的ファンの自分としてはザック脱退の衝撃が強すぎて
最初はまともに聴くこともできなかったのだが
今ではその圧倒的クオリティにどっぷりハマってしまっている。

トム・モレロの飛び道具的ギタープレイと
ロック界でも屈指の歌唱力を持つクリスの情感溢れる歌声が絶妙に混ざり合い
リズム隊のティムとブラッドが作り出す重厚な一体感が
強力なケミストリーを生み出した。

そして世紀の名曲「ライク・ア・ストーン」。

この曲は間違いなくクリス・コーネルの歌う曲としては
サウンドガーデン時代も含めても群を抜いて過去最高のもの。

レイジファンも冷静な耳で
このバンドに向き合ってもらいたいと切に願う。

そして活動再開を是非お願いしたい!

★★★★★
スポンサーサイト

オーディオスレイヴ『アウト・オブ・エグザイル』レビュー



前作に比べかなりポップになった印象。

より4人のバンドとしての結束が強まったのか
サウンドのまとまりが強く感じられる。

また、ポップ感が増したことで新たなファン層を開拓できそうな予感もする。

トム・モレロ節爆発のヘヴィなギターリフが印象的な
①「ユア・タイム・ハズ・カム 」

ベテランの渋みを感じるタイトルトラック
②「アウト・オブ・エグザイル」

名曲「ライク・ア・ストーン」にも劣らない出色の出来映えナンバー
③「ビー・ユアセルフ」

思わず拳を握り込んでしまうぐらい力の入ったロックナンバー
⑧「マン・オア・アニマル」

バンドのレベルの高い創作力を改めて見せ付けられた。

クリス・コーネルの新たな一面を垣間見れる力作だ。

★★★★★

オーディオスレイヴ『レヴェレイションズ』レビュー



レイジ再結成に伴い残念ながら活動休止となった
彼らの現時点での最新作。

デビュー作で見せたブ厚いハードロック路線をより先鋭化させ
パワフルでソリッドになった印象。

ただ、衝撃度や革新性でデビュー作には及ばない気がするのも確か。

彼らも「ベテラン」とか「熟練」といった言葉が
似合う域に達してきたのかもしれない。

とは言ってもこれだけバンド経験の長い
一流のプレイヤーの生み出す音楽にある種の
”安定感”が生まれるのは当然のこと。

それを「変わり映えしない」と捉えるか
「円熟」ととるかは聞き手によるということだ。

★★★★☆
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。