スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パドル・オブ・マッド『カム・クリーン』レビュー



デビュー当初は「ニルヴァーナの再来!」などと
話題を集めた鳴り物入りのバンドだったが
その後現在に至るまで全くインパクトを残さずにいる。

たしかに⑥「シー・ヘイツ・ミー」などはまんまニルヴァーナで
その影響の強さを感じるが、名曲⑤「ブラーリー」など独自の輝きもある。

でも、全体としてはどうも退屈なパッとしない印象。

まぁ、ヴォーカルが独特のしゃがれた声でカート・コバーンを
思わせないこともないけど、正直「再来!」には程遠い。

モダンヘヴィネスにグランジ風味を効かせたロックバンドという位置づけに過ぎない。

こういうバンドきらいじゃないんだけどな・・・。

★★★☆☆
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。