スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィア・ファクトリー『ディマニュファクチャー』レビュー



90年代最も衝撃を与えたヘヴィサウンドのひとつ。

とにかく凄まじいの一言。

ヴォーカルのバートン・C・ベルの咆哮は
完全にリミッターがブチ切れちゃってるし
ドラマーのレイモンド・ヘレーラの叩き出すドラムサウンドは
もはや楽器ではなく兵器のそれ。

ヘヴィサウンドにデジタル音を加える手法はインダストリアル的だが
もはやそんなちゃちなレベルではなく
その音は言うなれば「近未来型ヘヴィメタル」。

向かうところ敵なし。

★★★★★
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。