スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ・ワッツ『バー・トーク』レビュー



マイケル・ブレッカーにブランフォード・マルサリス
更にはハイラム・ブロックも加わって、超豪華な布陣。

これがいちドラマーのアルバムのために集まったメンバーなんだから尚更凄い。

素晴らしいメンバーの演奏に囲まれた新世代のジャズマスター
ジェフ”テイン”ワッツのドラミングに酔いしれる。

これが実に心地いい。

所謂「ジャズらしさ」がよく出ている作品なので初心者にもオススメ。

★★★★☆
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。