スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAG NASTY 『CAN I SAY』レビュー



今日のエモコアやエモーショナルパンクといったジャンルを確立したバンドのひとつ。

アメリカハードコア界のカリスマ、デイヴ・スマリーがフロントマンを張った
DAG NASTYの86年発表のアルバム。

彼はこのバンドの前はDYS、後にALL、DOWN BY LOWと
パンク界を代表するバンドのフロントマンとして活躍した男。

で、本作だが、彼が参加した作品の中で最もエモーショナルな感覚と
ハードコアの攻撃性が同居した力強い作品に仕上がった。

スピード感溢れる名曲⑤「Justification」など魅力的な楽曲が実に多く
充実期を迎えつつあるデイヴの暴れっぷりが凄い。

パンクの歴史に刻まれる名盤だ。

★★★★★
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。