スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・リジィ『Vagabonds of the Western World 』レビュー



初期の傑作。

渋いギタープレイを好む俺としては
ゲイリー・ムーアがいないのはちょっと寂しいが
大ヒットした「ウィスキー・イン・ザ・ジャー」を含む聴き応えのある作品だ。

泥臭いロックサウンドはまるでジミヘンのようだ。

楽曲もバラエティ豊かで、フィルのヴォーカルも絶好調。
うねるようなノリもあってGOOD。

古き良きロック!

★★★★☆
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。