スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワー・オブ・パワー『ソウル・ヴァクシネイション』レビュー



のっけからデヴィット・ガリバルディのスネアと
MCの「タワー!オブ!パワー!!!」という叫び
でいきなりボルテージは最高潮!

ちょっぴり大人なファンクを聴きたいならこのバンド。

スーパーファンクグループ、タワー・オブ・パワーの名ライブ盤。

Pファンクのような無軌道な音ではなく大人の分別というか
整った計算された緻密なファンクがここでは聴ける。

Pファンクがジャングルの奥地なら、彼らはさしずめ
高層ビルの摩天楼が立ち並ぶ大都市といったところか。

デヴィット・ガリバルディのゴーストノートを多用した
グルーヴィーなドラミングが凄い。

個人的にはJBの「ライヴ・イン・パリ」に匹敵する
ファンク史上最強のライヴアルバム。

★★★★★
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。