スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニス・ジョプリン『パール』レビュー



麻薬中毒死した彼女の遺作。

ロックの歴史上に刻まれた名盤だ。

聴いた瞬間に身震いがする。
こんなヴォーカリストを俺は他に知らない。

その音に対峙していると、汗ばんでくるほどの熱気と狂気。
彼女の歌には強烈なまでの緊張感がある。

そして、何より曲がカッコイイ。

全く古さを感じさせない、その色あせない魅力。
彼女の歌う曲はそれだけで鬼気迫るほどのパワーが伝わってくる。

特に大名曲①「ムーヴ・オーヴァー」
しびれるほどカッコイイ。

全人類必聴。

★★★★★
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。