スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フー・ファイターズ『ウェイスティング・ライト』レビュー



待ちに待ったフーファイの超ハイテンションなニューアルバムの登場だ!

とにかく、かっこよくて、最高のロックがいっぱい詰まっている。
元“4人目のニルヴァーナ”であり、かつての盟友パット・スメアが復帰し
更にパワーアップした彼ら、正に向かうところ敵なしだね。

それでは曲紹介行ってみよう!

冒頭を飾る最高にパワフルなロックナンバー
①「ブリッジ・バーニング」

切れ味抜群のテイラーのソリッドなドラミングが冴え渡る1曲
曲中のドラムソロもカッコイイ
②「ロープ」

力強いギターフレーズが最高にカッコイイ
③「ディア・ローズマリー」

ビート感とパンキッシュなグルーヴが最高にクールな
④「ホワイト・リモ」

“タメ”のきいたバンドアンサンブルがたまらない
⑤「アーランドリア」

美しいメロディと渋く伸びやかなデイヴの歌が印象的な
⑥「ジーズ・デイズ」

ポップでキャッチーなメロディにフーファイらしい
ハードでパワフルなバンドサウンドが実によくマッチした
⑦「バック&フォース」

アップテンポな8ビートに絡むギターが気持ちいい
⑧「ア・マター・オブ・タイム」

クラシカルなハードギターサウンドが超カッコイイ
⑨「ミス・ザ・ミザリー」

前半の荘厳な雰囲気から後半にかけて一気に盛り上がるところが興奮を誘う
⑩「アイ・シュッド・ハヴ・ノウン」

間違いなくフーファイ史上屈指の名曲のひとつ、ユニークなPVも必見。
⑪「ウォーク」

日本盤のみのボーナストラック、なかなか面白い曲。
⑫「ベター・オフ」

かつてないほど、ギターが暴れ回っているところが印象的。
パット・スメア効果かもしれない。

2011年、東日本大震災や欧州債務危機など暗い話題が多かったが
レッチリとフーファイの新作にありつけたのだからヨシとしよう!

★★★★★
スポンサーサイト

フー・ファイターズ『エコーズ,サイレンス,ペイシェンス・アンド・グレイス』レビュー



待望の最新作。

のっけからフーファイ節爆発のパワフルなキラーチューン
「ザ・プリテンダー」で幕を開ける。

鳥肌もののカッコ良さ。

デイヴの超ド級の力強い歌が炸裂する
②「レット・イット・ダイ」

迫力満点のドラミングがクールな
③「イレイス/リプレイス」

キャッチーなメロディと美しいギタープレイが素晴らしい
④「ロング・ロード・トゥ・ルイン」

シンプルなドラミングとパワフルなデイヴの歌がよくマッチした
⑦「チア・アップ、ボーイズ(ユア・メイク・アップ・イズ・ランニング) 」

後期ビートルズのあの名曲を思わせる
⑩「スタチューズ」

静から動へと劇的な展開を見せる
⑪「バット・オネストリィ」

優しい歌声に思わず涙がこぼれそうになる
⑫「ホーム」

成長を感じさせる素晴らしい作品を仕上げてくれた。
進歩し続ける彼らに惜しみない拍手を送りたい。

★★★★★





フー・ファイターズ『イン・ユア・オナー』レビュー



彼らの5作目。

レベルの高いロックが満載されているのは言うまでもないが
前作の無駄な贅肉のないロックサウンドに比べると
どうしても散漫な印象を受ける。

2枚組の大作にする必要性もあまり感じられない。

正直、壮大なコンセプトはフーファイには似合わないんだよなぁ。

もっと突っ走ったロックが聴きたかった。

ただ、随所に彼ららしいキャッチーな楽曲が
散りばめられてる点は見逃せない。

正にフーファイ節爆発のポップなロックナンバー
②「ノー・ウェイ・バック」(ディスク1)

美しいメロディが素晴らしい名曲
③「ベスト・オブ・ユー」(ディスク1)

ドラムがぐいぐい引っ張る力作
④「Doa」(ディスク1)

ライヴの定番になりそうなパワフルなナンバー
⑩「エンド・オーヴァー・エンド」(ディスク1)

本当に”いいうた”を披露しているアコースティックナンバー
③「ミラクル」(ディスク2)

ロックサイドとアコースティックサイドに分ける必要はなかった
とは思うが、ファンとしては彼らの楽曲が1曲でも多く聴ける方が
単純に良かったのかもしれない。

これもファンを大切にするデイヴの心意気かな。

★★★★☆






フー・ファイターズ『ワン・バイ・ワン』レビュー



これぞ「ロック」だと声を大にして言いたい。

耳に残るリフ、シャウトするヴォーカル、ストレートなリズム・・・
全てが「ロック」しているのだ。

また、ドラマーのテイラー・ホーキンスの
持ち味が良く出た作品でもある。

パワフルなグルーヴでバンドを引っ張るドラミングはとても魅力的だ。
ベースのネイト・メンデルとの息もぴったり合っている。

代表曲①「オール・マイ・ライフ」をはじめとして
迫力あるドラムが印象的な②「ロウ」
バンドの一体感が素晴らしい③「ハヴ・イト・オール」
キャッチーなポップロック④「オーヴァー・ドライヴ」
など、相変わらず楽曲のクオリティはメチャ高い。

素晴らしい4thアルバムを仕上げてくれた。
ありがとう!デイヴ!

★★★★★

フー・ファイターズ『ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ』レビュー



3rdアルバムにして個人的には彼らの最高傑作。

ロックのダイナミクスに加え、普遍的な名曲も
盛り込まれた本作のバランス感覚は正に絶妙。

ニルヴァーナを彷彿させるグランジ風の曲
①「スタックド・アクターズ」

アップテンポとキャッチーなロックサウンドでぐいぐい引っ張る
②「ブレイクアウト」

JALのCMにも使われた大名曲
③「ラーン・トゥ・フライ」

ドラムパターンが最高にクールなロックナンバー
⑤「ジェネレーター」

幻想的な雰囲気が美しい
⑥「オーロラ」

気持ちが前向きになれる素晴らしい曲
⑧「ネクスト・イヤー」

テイラーのドラミングのセンスが光るポップロックナンバー
⑨「ヘッドワイヤーズ」

ドラマーにテイラー・ホーキンスを迎えたことで
デイヴの負担が軽減され創作の質が向上したのだろう。

実にのびのびとした彼のパフォーマンスが全開になっているのが感じとれる。

また、テイラーのパワフルなドラミングはデイヴのそれに
かなり近いものがあり、お互いのフィーリングの合致や信頼感
はたまた、バンド全体の結束につながっている。

ただただ素晴らしい大傑作。

★★★★★
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。