スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルヴィス・コステロ『マイ・エイム・イズ・トゥルー』レビュー



ポップ界の帝王、エルヴィス・コステロの77年発表のデビュー作

⑤「アリソン」は誰もが1度は耳にしたことがあるだろう名バラードだ。

どこか性急な印象のあるポップサウンドは時代の空気を感じさせ
初々しい彼の初期衝動が伝わってくる。

たった2日間で録音されたとは思えない完成度の高さはさすが。

しかし、全く古さを感じさせないその普遍的な魅力には恐れ入る。
やっぱり楽曲の質が高いと、いつ聴いても新鮮さが保てるんだな。

70年代を代表する名盤。

★★★★★
スポンサーサイト

エルヴィス・コステロ『Painted From Memory』レビュー



ポップ界の巨匠、バート・バカラックとの共演作。

両者の主張の強い個性と世界観が混ざり合い
珠玉のポップがたっぷり詰まった作品が完成した。

いつまでも、耳に残る素敵な歌。
儚くも美しい演奏。

素晴らしいメロディセンスを持つ2人の天才が
見事な化学反応を生み出した。

全体的に落ち着いた作風なので幅広い層に受けそう。

個人的に後期コステロ作品では最高傑作の出来だと思う。

★★★★★
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。