スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものぐさドラマー通信第2号『2011年アルバムベスト10』

皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、2012年最初のブログ更新は昨年のふり返りから始めたいと思います。

題して『2011年アルバムベスト10』です。

それでは、もったいぶらずに一気に発表しちゃいましょう(笑)

第1位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『アイム・ウィズ・ユー』
第2位 フー・ファイターズ『ウェスティングライト』
第3位 ママズ・ガン『ザ・ライフ・アンド・ソウル』
第4位 back number 『スーパースター』
第5位 androp『door』
第6位 ブロウサイト『ディストピア・レーン』
第7位 Emphatic『Damage』
第8位 メガデス『サーティーン』
第9位 レディ・ガガ『ボーン・ディス・ウェイ』
第10位 Pop Evil 『War Of Angels』

ベスト1と2は大御所ロックバンドの新作が堂々のランクイン。
素晴らしく完成度の高い作品を出してきたことはやっぱり流石です。

第3位のママズ・ガンの新作は2000年以降、一気にロック界に広がった
所謂”踊れるロック”の新たな真打バンドです。
個人的には今最もハマっているロックバンドなので
今後も大活躍することを期待しています。

第4位のback numberと第5位andropは我が国ニッポンからランクインです。
前者は本当に”いいうた”を聴かせる最強のラブソングメーカーバンドです。
対する後者andropは凄腕のテクニックと疾走感が最高にカッコイイ
ヴィレッジ・ヴァンガード発のスーパーロックバンド。
いずれも若く元気なバンドなので今後の成長期待株です。

第6位以下は御馴染みのレディ・ガガ嬢の大ヒットニューアルバムを除いて
メタル・ヘヴィロックシーンからの作品が占めました。

第6位のブロウサイトは北欧スウェーデンの”ポップメタルパンク”を奏でる
元気な4人組の日本初登場作品です。

第7位にランクインしたEmphaticはメジャー感たっぷりの期待のニューカマー。
今後、大化けする可能性を秘めたスーパールーキーです。

帝王メガデスのニューアルバムは第8位にランクイン。
説明不要のベテランメタルバンドです。
その圧倒的なまでのクオリティとパワーには衰えを全く感じさせません。

最後のPop Evil、こちらもヘヴィロック界期待の大型新人です。
確かな演奏力と力強く、カリスマ性も感じさせるフロントマンのパフォーマンスは
デビュー間もないとは思えない存在感があります。

2011年はなかなか実りの多い1年でした。
ビッグネームの新作も多くリリースされましたし
元気な若いバンドもたくさんシーンに台頭してきた印象が強いですね。

今年も是非、続々と元気な新人が誕生することを期待したいものです。

それでは、今年1年『ものぐさドラマーのCDレビュー』を宜しくお願い致します!
スポンサーサイト

ものぐさドラマー通信第1号『今までに聴いた作品ベスト10』

どうも。

ものぐさドラマーでございます。

早いもので、このブログも開設してもう4カ月が経ちました。
レビューした作品数も300を超え、それなりに充実してきたかなと
手前味噌ながら思っている今日この頃です。

さて、ブログを見てくれている方から先日ある質問をされました。

「かなり色々な作品を「傑作!」だとか「名盤!」だとか紹介してるけど
この中からベスト3を挙げるとしたらどの作品?」

なるほど~。

意外と考えたことなかったですね。

そこで、ちょっと迷いながらも考えてみました。

第1位 レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』92年
第2位 ニルヴァーナ『ネヴァーマインド』91年
第3位 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』91年
第4位 ジミ・ヘンドリックス『アー・ユー・エクスペリエンスト?』67年
第5位 クイーン『オペラ座の夜』75年
第6位 ジェームズ・ブラウン『ライヴ・イン・パリ・71』92年(71年のライヴ)
第7位 スティービー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』76年
第8位 リンキンパーク『ハイブリッド・セオリー』2000年
第9位 スマッシング・パンプキンズ『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』2000年
第10位 インキュバス『メイク・ユアセルフ』99年

こんな感じですかね。

ベスト3じゃ寂しいので10位まで挙げてみました。

正直、書いているうちに、ランクインさせたい作品がどんどん出てきます(笑)。
まぁ、キリがないので諦めることにします。

見事にベスト3は90年代の作品が占めました。

これは偶然ではなく、やっぱりこの年代の作品が自分の青春時代を彩っていた
からです(年齢がバレますね)。

「ロック不遇の時代」といわれた80年代からは
やはり、ひとつもランクインしませんでした。

既に2010年代に入ってますが、ここは是非
今回挙げた作品を脅かす名作の誕生を熱望します。

ベスト10にランクインしたアルバムはどの作品も素晴らしいので
もし聴いたことがない方がいらっしゃいましたら、是非、手にとって試してみてください。

ではまた次回お会いしましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
CDはここで買ってます
ブログランキング
人気ブログランキングへ
プロフィール

karidrum

Author:karidrum
17歳の頃からドラムを始めて以来、どっぷり音楽にハマりました!
そんな私が聴いてきた数多くの作品を勝手気ままにレビューしていきます!
どうぞ、ご覧になってください!

検索フォーム
リンク
Amazonオススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。